溶接機材・産業機器 web版総合カタログ
1089/1119

容器色化学記号耐圧試験圧力充填圧力空気との比重バルブ開口毒性呼吸に影響におい燃性又は特性、性質く ろO224.5MPa14.7MPa1.105右無な し無 臭支燃性ねずみN224.5MPa14.7MPa0.967右無な し無 臭不燃性赤H224.5MPa14.7MPa0.0695左無な し無 臭可燃性ねずみC3H83.0MPa1.80MPa1.562左無麻酔性刺激性可燃性白NH31.21MPa0.597右有毒性刺激性可燃性ねずみHe24.5MPa14.7MPa0.1381左右無無無 臭不燃性緑CO219.6MPa4.95MPa1.529右無中 毒無 臭不燃性茶 褐C2H24.9MPa1.5MPa0.906左無麻酔性可燃性ねずみAr24.5MPa14.7MPa1.380右無な し無 臭不燃性ねずみCH424.5MPa14.7MPa0.555左無な し無 臭可燃性ガス名称酸 素窒 素アルゴンメタン水 素アセチレン炭酸ガスプロパンアンモニアヘリウム主なる用途酸素は空気中には約21%含まれます。生物の存在と燃料の燃焼に欠くことのできないガスです。酸素ガスは無味無臭の気体で、水にわずかに溶けます。沸点は-183℃です。窒素は空気中に78.1%含まれ空気分離によって酸素とともに製造される。不活性の気体です。液体窒素は無色透明の液体で沸点は-196℃です。単純窒息性ガスアルゴンは空気中にわずか約0.93%しか含まれていません。無色無臭の気体で、沸点は-186℃です。空気分離によって製造されています。また、化学的にきわめて不活性な性質をもっています。天然ガスとして産する。爆発性がある。水素は沸点が-252.6℃、比重が空気1に対して0.07と地球上の中では最も軽い気体元素です。また、次世代のクリーンエネルギーとして用途開発が進められています。溶解アセチレン容器は立てて使用または貯蔵すること。酸素がなくても自己分解する。炭酸ガスは、大気中での存在量は約0.03%です。炭素化合物の燃焼、有機物の発酵、動物の呼吸等により発生します。一方、植物は炭酸同化作用を行います。炭酸ガスは、空気の約1.5倍の重量があり、水によく溶けて炭酸水となります。水に溶けない。爆発性がある。空気より重いので漏洩滞留に注意すること。アンモニアは、窒素と水素の化合物で、強い刺激臭をもつ無色の気体です。水によく溶けアンモニア水となります。工業的には窒素と水素を高圧下で触媒を用いて合成します。無色・無臭水素についで軽い科学的に不活性沸点-268.9℃地球上には僅かしか存在しない。宇宙では水素についで存在が多い。特に注意すべき事項ガス分類圧縮ガス圧縮ガス圧縮ガス圧縮ガス圧縮ガス溶解液化ガス液化ガス液化ガス圧縮ガスにんにくの如き臭い■ 各種高圧ガス医療用燃焼用レーザー加工用酸化用溶接用ステンレス製造用AOD炉シリコン単結晶製造用溶断・溶接焼入れ家庭用・工業用燃料医療用飛行船超電導物質冷却不活性用熱伝導用金属熱処理肥料用原料冷媒排気ガスの脱硝脱硫溶接ドライ洗浄栽培促進(野菜)人工炭酸泉ヘッドスパ殺菌水冷媒燃料科学工業燃料還元剤酸化防止(半導体・太陽電池・食品・飲料)防爆・パージ用還元用(金属熱処理・ガラス製造・半導体製造)燃料電池ロケット燃料容器の刻印O2MAC12345V47.3W53.4- -.2017TP24.5MFP14.7M容器製造業者の名称またはその符号充填ガス名内容量 V:ℓ耐圧試験圧力(H10.3.31以前)250kg/㎠容器記号及び番号容器検査合格の年月容器質量  バルブ及びキャップを 含まない W:kg容器所有者の登録記号及び番号最高充填圧力(H10.3.31以前)150kg/㎠充填ラベルガ ス 名充 填 量 ◯◯◯◯◯充填年月日 0000.00.00充 填 所住  所電話番号◯◯◯◯株式会社◯◯◯◯◯◯◯◯00-0000-0000販 売 元住  所電話番号◯◯◯◯株式会社◯◯◯◯◯◯◯◯00-0000-00001085資料㉔

元のページ  ../index.html#1089

このブックを見る