溶接機材・産業機器 web版総合カタログ
1090/1119

溶接部実  形記 号 表 示ルート間隔2mmの場合ルート間隔2mmの場合I形開先フラッシュ溶接I形開先摩擦溶接サーフェース継手トーチブレイジング接合長さ4mmすき間0.25~0.75mm開先深さ16mm開先角度60度ルート間隔2mm(板厚19mm)の場合裏当て金使用板厚12mm開先角度45度ルート間隔5mm仕上方法切削の場合部分溶込み溶接板厚12mm開先深さ5mm開先角度60度ルート間隔0mmの場合溶接部実  形記 号 表 示開先深さ矢の側16mm矢の反対側9mm開先角度矢の側60度矢の反対側90度ルート間隔3mmの場合レ形開先角継手部分溶込み板厚25mm開先角度45度ルート間隔0mmの場合レ形フレア溶接へり溶接溶着量2mm研磨仕上げ両側が脚長の異なる場合両側とも脚長6mmの場合並列溶接溶接長さ50mm溶接数3ピッチ150mmの場合溶接方法名  称記  号備  考ア ー ク お よ び ガ ス 溶 接I形開先サーフェース継手にも使用V形開先レ形開先J形開先U形開先V形フレア溶接レ形フレア溶接へり溶接すみ肉溶接a)プラグ溶接スロット溶接ビード溶接肉盛溶接抵抗溶接スポット溶接プロジェクション溶接注a):千鳥継続すみ肉溶接の場合は又はの記号を用いてよい。溶接方法名  称記  号備  考補 助 記 号裏波溶接裏当てa)全周溶接現場溶接表面形状平ら凸へこみ止端仕上げ仕上げ方法チッピングCグラインダG切削M研磨P注a):裏当ての材料、取外しなどを指示するときは、尾に記載する。■ 溶接記号 〔JIS Z 3021 (2016)〕■ 記載例2222フラッシュ溶接フラッシュ溶接摩擦圧接0.25~0.7540.25~0.75460°2191660°1621245°5この部分を切削仕上げ45°512げ1260°0560°0(5)60°90°169390°60°9316045°102545°(10)022P6699696666615015050(3)-15050(3)-1505050501086資料㉕

元のページ  ../index.html#1090

このブックを見る