溶接機材・産業機器 web版総合カタログ
352/1008

■ 仕 様商品コード品  番最大測定長(mm)最小読取値(mm)器差※(mm)スライダ微動送り上下量(mm)質  量価格(税別)(円)151210VH-30D3000.01±0.0482.6kg53,000151211VH-60D6000.01±0.0685kg96,000※量子化誤差(±1カウント)含まず単位:mm品  番ABCDEFGHIJVH-30D455110328045752365465VH-60D8101615295501023110.576120デジタルハイトゲージTトレーサビリティRACEABILITY寸法図■ 用 途●金型・治工具の測定やケガキ作業に最適●ホルダアームと、スクライバクランプ使用でダイヤル  インジケータを取り付けられます。VH-60D■ 材 質●バーニヤ:ステンレス  ●ベース:鋳鉄●スクライバ:先端超硬チップ付■ 特 長●デジタル表示で見やすい。●任意の位置で0設定ができます。●ホールド機能付  ●公差設定機能付■ 付属品●ホルダアーム  ●スクライバクランプ●スクライバ   ●φ6コレットVH-30Dホルダアーム■ 電 源SR44(酸化銀電池) テスト用1個付属(写真のダイヤルインジケータは商品に含まれません。)TOLボタン(公差の設定)TOLボタンの使用で、測定値が指定した公差の範囲に入っているかを簡単に確認することができます。1.TOLボタンを押すと、LCD表示部の「SET」が点滅し、 「 ▲ 」が表示されます。この状態で公差の最大値を設定します。2.TOLボタンを長押しすると点滅位置が変わります。点滅している場所で一度TOLボタンを離し、再度押すと+-、または数字が切り替わります。これを繰返し、任意の数値に設定したら点滅を「SET」に戻し、TOLボタンを押して下さい。3.「 ▼ 」が表示されますので、公差の最小値を2と同様の手順で、設定して下さい。4.点滅を「SET」に戻し、TOLボタンを押して下さい。これで公差の範囲が設定されました。5.測定を行います。 ●測定値が公差の範囲に収まっている場合、LCD表示部に  「OK」が表示されます。 ●測定値が公差の範囲を上回っている場合、LCD表示部に  「 ▲ 」が表示されます。 ●測定値が公差の範囲を下回っている場合、LCD表示部に  「 ▼ 」が表示されます。【LCD表示部】349●デジタル ハイトゲージ新 潟 精 機 (株)検査測定機器溶接治具機械ロボット・周辺機器溶接機器溶接材料溶材関連機器ガス・溶断関連機器溶接処理剤含むケミカル商品安全保護具検査測定機器

元のページ 

page 352

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です