溶接機材・産業機器 web版総合カタログ
560/1119

556荷役搬送機●ワイヤロープ・シャックル・ワイヤクリップ日興製綱(株)カットワイヤロープニッコー被覆ロープシャックルワイヤクリップJISワイヤロープ・並品ワイヤロープステンレスワイヤロープをご希望の長さにカットして販売しています。例  ユニック車用ワイヤロープ 天井クレーン用ワイヤロープ果樹園や樹木の支え索、手すり支柱の支え・工事現場の安全ロープなど様々な場面で活躍。視認性が良く、被覆させているのでより安全にご使用いただけます。シャックルは重量物と連結する最も基本となる金具です。JIS型・並品・ステンレス品をはじめ、あらゆるメーカーのシャックルを扱っております。用途に応じてお問い合わせください。JIS型鍛造品・並品(鋳物)・ステンレス品があります。用途に応じて、お問い合わせください。PVC/透明ブルーPVC/不透明グリーンナイロン/クリアーPVC/透明レッドPVC/透明イエローポリエチレン/ブラックロープ径(mm)取付個数取付隙間(mm)締め付けトルク(kgf・cm)64401008450120104701601248024014490380164100530185120680205130840245160121026517014003062001900367230266040726030504883104050■ ワイヤクリップ取付基準 (6×24・6×37用)■ワイヤクリップの取付方法誤った取付方法、または締付トルクが適正でないと、締付部でスリップが生じ保持力の低下により、重大な事故の原因となります。ワイヤクリップは、正しく取付けてください。取付方法が正しく、適正なトルクで締付られた場合で保持効率は80%です。1.JISロープ径に合ったものを使用してください。(異種および異径のロープを同一のクリップで止めないでください。)2.砂などが付着している場合は取り除き、錆の著しいものは使用しないでください。3. シンブルのアイに最も近いクリップは、出来るだけシンブルに近づけてください。 また、クリップ終端末部のロープの長さは、ロープ径の6倍以上としてください。4. 締付は、トルクレンチ等で適正なトルクで締付てください。また、締付は端末のクリップから同一順序で3回以上に分けて順次締付てください。5.ロープに引張荷重がかかると、径が細くなり滑り易くなるので増締を行ってください。6.クリップ取付終了後は、ペンキ等でマーキングを行い、時々滑りの有無を確認してください。7.動荷重がかかる場合、ビニールコーテイングされたロープには、クリップを使用しないでください。正しい止め方注意事項注意金属加工機電動・エアー工具磁気工具研削・切削工具作業工具環境機器油圧・空圧機器荷役搬送機

元のページ  ../index.html#560

このブックを見る