溶接機材・産業機器 web版総合カタログ
961/1008

板厚t[mm]標準ビード長さ[mm]t≦3.2303.2 < t < 254025≦t50〔図5.13〕 溶接線の集中をさけた継手〔図5.14〕 応力集中をさけた継手〔図5.15〕 板厚の異なる部材の突合せ仮付けに際しては、つぎの点に注意すること。1 本溶接者と同程度の技量を有する溶接者が行うこと。2 本溶接と同じ温度で予熱すること。3 開先内の仮付け接合部は、裏はつりで完全に取除くこと。4 仮付けの位置は、 部品の端、 角など、 応力の集中するところはさけること(図5.17)。5 溶接棒は、本溶接よりやや細目のものを使用し、間隔は一般に板厚の15~30倍程度とするのがよい。6 仮付けビードの長さは表5.5に示すように板厚によって変える。〔図5.17〕 仮付け溶接位置〔表5.5〕 仮付けビード長さの標準値仮付け958資料⑩

元のページ 

page 961

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です