溶接機材・産業機器 web版総合カタログ
969/1008

ワイヤ径[mmφ]電 流[A]ノズル高さ[mm]ガス流量[1/min]1.210020030010~151520~2515~2020201.630350400202020~25202020~25適正突出し長さノズル内径大電流溶接(粒状移行)15~25mm19mm小電流溶接(短絡移行)10~15mm16mmノズル高さ[mm]ガス流出[1/min]外 観X 線20252015105ノズル高さ[mm]ガス流出[1/min]外 観X 線102020304050〔表7.8〕 ガス流量とブローホールの関係[3] ガス流量とノズルの高さガス流量およびノズル高さは、溶接部のピット、ブローホールなどの欠陥発生に重大な影響を及ぼす。表7.8、表7.9にそれらの関係を、表7.10に適正なガス流量とノズル高さを示す。〔表7.9〕 ノズル高さとブローホールの関係〔表7.10〕 ガス流量とノズル高さ[4] 突出し長さ(エクステンション)ノズルからのワイヤ突出し長さは、図7.10に示すように適切な長さに保持する必要がある。〔表7.10〕 突出し長さと溶接のやりやすさ[5] 前進法と後退法トーチの操作法として前進法と後退法があり、それぞれ図7.11のような特長がある。〔図7.11〕 前進法と後退法の特徴966資料⑱

元のページ 

page 969

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です