溶接機材・産業機器 web版総合カタログ
974/1008

可搬重量weightcapacity;load capacity指定の性能を保持する範囲内で、ロボットが搬送可能な重量であって、手部等の重量を含む。備考  仕様書等においては、手部等の重量を併記すること。正味可搬重量net weightcapacity可搬重量から手部等の重量を差し引いたもの。定格可搬重量rated weightcapacity性能をすべて保証できる可搬重量の限度。最大許容可搬重量maximum allowableweight capacity性能の一部は低下しても特定の作業を実行できる可搬重量の最大値。4 作業に関する用語用  語意  味ワークwork pieceロボットの扱う対象物をいう。備考 ワークピースともいう。ローディングloading加工・組立・移送などの作業を行う機械にワークを取り付け、又は載せること。アンローディングunloading加工・組立・移送などの作業を行う機械から作業の完了した製品又は半製品を取り外すこと。パレタイジングpalletizingパレットの上に物を一定の規則に従って並べること。デパレタイジングdepalletizingパレットの上に並べられている物を順に取り出すこと。5 操作・制御に関する用語用  語意  味運転running機器又は装置が所定の作用を行っている状態。休止rest機器又は装置がいかなる作用も行っていない状態。待機waiting即時運転の状態に入ることが可能な状態。起動starting休止又は待機の状態から運転の状態にすること。備考 始動ともいう。停止stopping運転の状態から休止又は待機の状態にすること。一時停止halt所定の作用を行っているときに、ある時間待機の状態にすること。正常停止normal stop装置の正常な行動中に正規のプログラムによって生じる停止。備考 ノルマル停止ともいう。異常停止abnormal stopロボット又は関連機器若しくはそれらの関連の異常による正規のプログラム以外の時点での停止。非常停止emergency stopロボットを含むシステムの異常に対処するため、人間のし(恣)意による急速な停止。寸動inching機械の微小運転を得るために、微小時間の操作を1回又は繰り返し行うこと。歩進stepping決められた順序に従い、各段階を順次進めること。外部同期信号externalsynchronizingsignalロボットとそのロボット以外の装置を同期させる目的で、ロボットとそのロボット以外の装置との間で授受される信号。インタロックinterlock二つ以上の装置若しくはシステム間でその一方が動作している間は、他方は入力があっても動作しないようにすること、又はそのしくみ。シーケンス制御sequentialcontrolあらかじめ定められた順序又は条件に従って制御の各段階を逐次進めてゆく制御。フィードバック制御feedbackcontrolJIS Z 8116の番号4による。参考  フィードバックによって制御量を目標値と比較して、それらを一致するように訂正動作を行う制御。サーボ系servo systemJIS Z 8116の番号17による。参考  物体の位置、方位、姿勢などを制御量とし、目標値の任意の変化に追従するように構成された制御系。オン・オフサーボ系on-oservo system閉ループの前向き経路にオン・オフ特性をもたせたサーボ系。アナログサーボ系analogservo system入力信号と主要部の情報処理がアナログ量で与えられるサーボ系。デジタルサーボ系digitalservo system入力信号と主要部の情報処理がデジタル量で与えられるサーボ系。適応制御adaptive control環境の変化などに応じて制御系の特性を所要の条件を満たすように変化させる制御。参考  最適制御(JIS Z 8116の番号13)の一種。群制御group control複数の制御対象を1台の制御装置で集中的に制御すること。階層制御hierarchal control制御システムを制御の性質や規模によりいくつかのレベルに分け、各々のレベルにおいて、その制御に適した制御装置を用いるような制御。群管理システムgroup controlsystem複数台の産業用ロボットを1台の制御装置で総括的に制御したり、複数台の制御装置を上位の計算機が管理するシステム。AHCハンド交換automatichand change自動的にハンドを交換すること6 知能ロボットに関する用語用  語意  味人工知能articialintelligence認識能力、学習能力、抽象的思考能力、環境適応能力などを人工的に実現したもの。知的機能intelligent function検出、記憶などを媒介として判断、認識適応、学習などのいずれかをつかさどる能力。感覚制御sensory control感覚情報を用いるロボットの動作の制御。協調制御cooperative control複数本の腕又は複数台のロボットを動かし、一つの作業を行う制御。パターンマッチングpattern matching二つのパターンを比較し、両者が同類であるかどうかを調べること。画像処理pictureprocessing二次元の視覚情報を処理すること。ビジュアルフィードバックvisual feedbackロボットの動きを制御するために視覚情報をフィードバックすること。力フィードバックforce feedback圧覚又は力覚の情報を腕若しくは指などにフィードバックすること。ハンド ・アイシステムhand-eye systemビジュアルフィードバックをもつマニプレータシステム。プロブレムソルビングproblem solving論理、推論などにより与えられた問題を解決すること。ヒューリスティックスheuristics複雑な問題の解を求めるとき、求解の効率を高めるために用いられる経験に基づく法則や技法のこと。自動プログラミングautomaticprogrammingある動作や作業を人間にわかりやすい言語で表現し、これをロボットが実行できる形にロボット自身で直すこと。参考  JIS C 6230の番号0135プログラムを人間にわかりやすい形から、計算機が実行できるような形に計算機自身を用いて直す方法。自動プログラミングを行うには、コンパイラ、インタプリンタなどが用いられる。   JIS B 0181の番号203    プログラム言語で書かれたパートプログラムを数値制御テープに電子計算機を用いて直すこと。ロボット用言語robot language;ロボットに作業を教示したり、制御するときに、人間が与える命令を、簡単な言葉又は信号で表したもの。7 安全に関する用語用  語意  味危険防止機能danger protectingfunctionロボットが危険な状態を生成しないための機能。危険領域dangerous areaその中に立ち入った場合に危険な状態が起こることがある領域。安全ポールsafety poleロボットの異常動作による暴走を制限するために立てる柱。一般にはロボット衝突の衝撃に耐える強さをもつもの。安全バリアsafety barrier人間が危険領域に立ち入らないように危険領域を囲んで設けるさく(柵)又は類似のもの。バックアップシステムbackup system定常時にシステム内で使用する各機器又は機能単位に故障が生じた場合にシステムの運転を続行させるためあらかじめ準備した補助機能、又は補助機器。971資料㉓

元のページ 

page 974

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です