溶接機材・産業機器 web版総合カタログ
979/1008

~~■ 交流アーク溶接機■ CO2/MAG溶接機■ TIG溶接機◎交流溶接機の選定資料*溶接ケーブルを20m位として。(長く延ばしていくと電流がドロップします)*溶接棒径に対する電流範囲は棒種類により多少異なります。出力側ケーブル長さ(m)注) ケーブル真直ぐに延した時。巻きますと大幅に減少します。溶接電流(%)◎溶接棒径に対する溶接電流の目安◎溶接用出力ケーブルの距離と太さの関係(実務手引)◎出力側ケーブル延長時の電流減少率(目安)◎交流、直流の選択の目安被溶接物の板厚に対するワイヤ径の選択の目安(ソリッドワイヤの場合)電極径に対する溶接電流交流溶接機出力電流定格使用率として100%使用率の溶接電流使用溶接棒=溶接作業 使用溶接棒=溶接作業 使用溶接棒=溶接作業 棒径使用電流範囲材料の種類溶接法0.6mmφ0.8mmφ0.9mmφ1.0mmφ1.2mmφ1.6mmφ0.630A50A70A80A100A320A300A以上350A可能範囲170A250A120A150A120A80A100A2.0mmφ50-80A2.6mmφ60-90A3.2mmφ100-140A4.0mmφ140-190A4.5mmφ150-200A5.0mmφ190-230A6.0mmφ250-310A7.0mmφ300-370A8.0mmφ350-440A大中小150A20%67A2.0mmφ2.6mmφ3.2mmφ200A20%90A2.6mmφ3.2mmφ4.0mmφ250A20%112A3.2mmφ4.0mmφ5.0mmφ300A30%178A4.0mmφ5.0mmφ6.0mmφ300A40%190A4.5mmφ5.0mmφ6.0mmφ400A40%253A5.0mmφ6.0mmφ7.0mmφ500A60%388A7.0mmφ8.0mmφ8.0mmφ電流(A)ワイヤ径板厚距離(m)1001502002503003504004505005506002030405060708090100383838383838385050508038383838505060808080100383838506080801001001001253838506080801001251251253850608010010012512510090807060020406080100400A機3850808010012538608010012550801001251255080100125(備考)本表は直流を用い電圧降下4V以下の寸法(単位mm2)であり、交流の場合は1段上のサイズを使用します。500A機300A機◎板厚に対するワイヤ径の選択良好な溶接結果を得るためには、各ワイヤ径の最適電流班で使うことが望まれます。各ワイヤ径の上限域あるいは下減域での使用となる場合には、1ランク違うワイヤ径を選択するほうが賢明です。しかし可能範囲において、使用できないわけではありませんので、この点も考慮に入れておいてください。溶接材料によって直流または交流溶接かを選択しなければなりません。交直両用形の溶接機であれば、切替スイッチだけで手軽に選択でき、大変便利です。◎タングステン電極選択の目安タングステン電極には純タングステン(純タン)とトリウムを1~2%含んだトリウム入りタングステン(トリタン)とがあります。トリタンは純タンに比べ、電流容量が大きく、小電流でのアークの起動性が良好です。通常直流TIG溶接にはトリタンが使用されます。◎溶加棒(フイラワイヤ)の太さの目安溶加棒の太さは溶接電流値によって決められますが、板厚5mm以下ではほぼ板厚と同じ程度を目安としてください。溶接電流に対する目安は下表を参照ください。材質は一般に母材と同質のものが使用されます。最適範囲軟鋼ステンレス鋼交 流TIG直 流TIG交流手溶接直流手溶接TIGアークスポット真鍮2.3mmt以下 〃  以上2.3mmt以下 〃  以上2.3mmt以下 〃  以上クロームモリブデン鋼ハードフェーシングアルミニウムアルミニウム鋳物チタニウム銅アルミブロンズ◎◎◎◯◯◯◎◎◯◎◎◯0.51.01.62.43.24.04.86.4電極径 mmφ交流電流(A)直流電流(A)純タン、トリタン5~1510~6050~100100~160150~210200~275250~350325~47510~2020~5050~100100~200200~3000~1.00~1.61.0~2.41.6~3.02.4~4.55~2015~8070~150140~235225~325300~425400~525500~7005~ 2015~ 8070~ 150150~ 250250~ 400400~ 500500~ 800800~1100◎ 最適  ◯ 適◯◎◯◯◎◎◯◯◎◎◯◯◯◯◎純タントリタン注) 交流電流時は高周波重畳時直流電流時は電極マイナスの時溶接電流(A)溶加棒径(mmφ)0.81.01.21.62.02.43.24.56.09.01216976資料㉘

元のページ 

page 979

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です